高速無料化


国土交通省道路局HP
※画像をクリックすれば新しいウインドウが開きます
国土交通省道路局HP

高速道路無料化(こうそくどうろむりょうか)とは、有料であった高速道路の料金を無料にすることである。

わかりにくい事なので簡単なメリットとデメリットをWikipediaより引用させて頂きました。

●メリット
1.流通コストの低減。高速道路を使用した流通業者のコストダウンが計れる可能性がある。
2.地域経済の活性化が計れる可能性がある。例えば東京湾アクアラインが無料の場合、川崎市と木更津市が相互に通勤・通学・買い物圏内になる他、
他の地域においても移動可能距離の増大により新たな需要を生む可能性がある。
3.無駄な経費や、高速道路建設の抑制を図れる可能性がある。大都市圏の高収益高速よりの料金収入による償還という道が途絶える為、
独立採算で不採算な道の建設を止めやすい他、ETCゲート・料金所ゲート等の高価格施設を設置しなくて済むことである。
ちなみにインターチェンジ設置には現在40億円必要であり、無料化の場合、引き込み線だけで済むので2億円で設置可能である。
現行のインターチェンジ建設費を高騰させている要因の一つがETC料金ゲートであり、ゲート1基2億円もの高額の費用が発生している。
4.現在権益を独占している旧道路公団ファミリー企業以外にサービスエリアへの参入がしやすくなる他、
無料化後はインターチェンジの設置の自由度が格段に上がる点も考えられる。例えば商業施設が高速道路脇に施設を建設して引き込み線を独自負担で建設するといった事も考えられる。

●デメリット
1.高速道路の維持費の問題。維持管理費の財源は主に税金賄う事になる可能性が高いため、
例えば自動車運転免許を所持していない直接利用しない人も日常的に利用する運輸業者も負担が同等となるため、
応益原則からは不公平感が生じるというものである。しかしながら高速道路を特別扱いせずに一般道路と同じ目線でみることにより、
不公平性は原則なくなる(ただし、高速走行に適した線形とするため、高架や盛り土、トンネルなど一般道路に比べ建設・維持費の高くなる道路構造が必要)。
自動車に乗らない人であっても、物流のコストが下がることで無料化の恩恵を受けられるので、一方的に不公平であるとはいえない。
尚、一般会計に組み込まれたガソリン税や自動車重量税などの旧道路特定財源は3兆円以上存在し、
高速道路の維持管理費は、道路会社4社(東日本、中日本、西日本、本州四国連絡)で4,863億円(2006年度)。うち3割程は料金所の人件費となる。
2.排気ガスの問題。これには2つの説が有り、一つは排気ガスが増えるとするもの、もう一つは排気ガスは減るとするものである。
排気ガス増大派の意見は、交通量の増加によって排気ガスが増大する可能性を指摘、そのことから地球温暖化対策に逆行する可能性があるというものである。
逆に排気ガス減少派の意見としては、車の総量は変わらないので、高速道路に車が増えると言う事は一般道路から車が減ると言う事であり、
排気ガスの総量は変わらないどころか、無料化によって新たに高速道路を使うようになるのは主に一般道を利用していた車であって、
高速道路を走る事で燃費の悪くなる要因である一時停止・信号機停止などでの加減速変化の減少や渋滞がなくなり、逆に二酸化炭素の排出量が減少するというものである。
3.公共交通機関への影響。鉄道(貨物列車・旅客列車)や船(貨物船・旅客船)などの他の交通機関に多大な影響を及ぼす可能性があり、 特にフェリー業界などは大きく反発している。
無料化により自家用自動車利用が増え、道路の混雑・渋滞が拡大しモータリゼーションの弊害、 高速道路上を走行する路線バスの乗客減少による減便・廃止 及び
日本の高速道路上にはバスレーンが無いため、混雑・渋滞による遅延が拡大する可能性も指摘されている。
ただし、高速道路の混雑・渋滞を回避する目的から鉄道・船へ自動車を上回る表定速度で且つ低運賃など様々な条件をクリアした上でモーダルシフトが進む可能性もある。
4.渋滞の問題。これに関しては後述の一部高速道路にて社会実験として検証作業が行われる。

有料でもお盆や年末年始のラッシュが凄いのに今後どうなって行くのか不安になりますね。
赤字になっている道路に関しては賛成なのですが普段から混んでる所は現状維持にした方が良さそうな気がします。
無料化の影響で工事費が足り無いから別で徴収とかされたら意味のないですしね。

このサイトの方が詳しいですね


  プロフィール  PR:無料HP  免許合宿 口コミ  アニメ 専門学校  セブ  タイヤ サイズ  タイヤ 新品  ギター 専門学校  シャークミラー  パワーストーン専門店  栄養士 短期大学  小学校教諭 通信  JZX100 名古屋  名簿業者